« 上野の山 | トップページ | 活気ある浅草 »

2008年3月11日 (火)

東京大空襲の日

Photo_4 Photo_5  63年前、東京の下町で一夜にして10萬人余の人が亡くなった。もう少し具体的に記すと1945年3月10日の未明、アメリカの爆撃機(300機)が下町の人口過密地帯を無差別に爆撃、罹災者100万人余、そして10万人余の尊い命を失った。何の罪もない子供達を含めて・・・・今年の3月10日は冷たい雨が降っていた。生き残った遺族、関係者が、傘を差して慰霊堂に集まって来る。年々この姿に老いが見られる。車椅子の人、杖をつく人、子供や孫が支える姿も見える。毎年の事ながら二度とあってはならない戦争の悲惨さを、こうして永遠に伝えて行きたい。    このあと浅草公会堂で開かれている「東京大空襲の資料展」を見た。数々の遺品、そして惨たらしい遺体の写真は辛かった。帰宅後のテレビで33枚の記録写真をテーマにしたドキメントドラマが今日一日と重なり、辛い一日となったが、絶対忘れてはならなPhoto_7い戦争のPhoto_8悲劇を、私Photo_11も伝えて行く。Photo_18

|

« 上野の山 | トップページ | 活気ある浅草 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213077/40463058

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大空襲の日:

« 上野の山 | トップページ | 活気ある浅草 »