« 月下美人が咲いた | トップページ | 連日酷暑 »

2014年8月 2日 (土)

真夏の池袋演芸場

A
落語家の柳家小三冶が人間国宝に内定された。
と聞き、8月の上席、初日の朝、池袋演芸場前の
列に並んだ。7月からの猛暑、待つ事、2時間余、
しかもこの人達は、比較的高齢者の列である・・・
12時やっと開場。既に予約で8割位の客が入ってた。
始まった時は、満席・・・・ただただ驚くばかりだ。H26b
笑いは良かったが、茹だるような真夏の暑さには
恐れ入りました。


|

« 月下美人が咲いた | トップページ | 連日酷暑 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

小三治も大名跡になりましたね。
小さん、というのはケチなものになりました。
もっとも最近では、自分の名前が大きくなるのが多いですね。
さらには、文楽とか、小さんとか、顔も見たことがない人が名乗っているのですね。馬生も出てきたとか。
圓生、志ん生、正蔵、三木助、金馬?などなど・・・なんかは、永久欠番がよいね。
15日、国立で、歌丸の人情話を聞いてきます。

投稿: 酒天牛 | 2014年8月 6日 (水) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213077/60082985

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の池袋演芸場:

« 月下美人が咲いた | トップページ | 連日酷暑 »